歯周形成外科コース(SBC) HOME > SBCの歯周形成外科

歯周形成外科~Periodontal  Plastic  Surgery~

Periodontal plastic surgeryは、解剖、成長、外傷、あるいはプラークなどによって引き起こされた歯肉、歯槽粘膜、骨の欠損に対して予防改善を行うものである。
[Grossary of periodontal terminology (APP) 1996].

Reconstructive surgery + Cosmetic Surgery

根面被覆・付着歯肉増大・口腔前庭拡張・歯槽堤増大術・歯槽堤保存術・歯冠長延長術・歯冠乳頭形成術などWennstrom (1996) の報告によるとその中でも最大の目標は、歯肉退縮によっておこった露出歯根面の被覆である。

Hidden Gingival Recession

1㎜以上の歯肉退縮は30歳以上のアメリカ人の58%に認められるという報告があり、また歯肉退縮や不十分な付着歯肉の存在は、知覚過敏や根面カリエスや審美障害を引き起こすことから、患者や術者にとって頻繁に遭遇する問題点である。

症例1 Dr. A.Tsuchiya Coronally positioned flap with CTG

Before

After 4.5Y

症例2 Dr.A.Tsuchiya Modified langer technique

Before

After 1M

症例3 Dr.R.Aoi Coronary Advance flap with CTG

Before

After 2Y

症例4 Dr.R.Aoi Coronary Advance flap with CTG

After 1Day

After 1w

After 2w

After 1M

After 2M

After 3M

Before

After 3M

Before

After 3M

症例5 Dr.R.Aoi

After

After 1w

After 2w

After 1M

After 2M

Before

After 1Y

  • ページの先頭へ戻る

症例6 Dr.R.Aoi Rootcoverage & Ridge Augumentation with CTG

After 1w

After 2w

After 3w

After 1M

After 1.5M

After 3M

Before

After

Before

After 6M

このようになる前に出来ることがあるはずです。レジン充填より前に根面被服術の選択を・・・・。

  • ページの先頭へ戻る

症例に関するご相談はこちらからお願いします。

FGG(Free Gingival Graft・遊離歯肉移植術)

インプラント治療している90%以上のDrがFGGを行っていない

インプラントの経験

症例1 StageⅠ+FGG

Before

After 2Y

症例2 StageⅡ+FGG

Before

After

症例3 Ridge Augmentation with FGG

After Ope

After 1.5M

Before

After 1.5M

Final

症例4-1 Right side  StageII+FGG(B)+APF(L)

症例4-2 Left side Ridge Augmentation with FGG

Before

After

Before

After

Before

After

  • ページの先頭へ戻る